災害に備えて非常食を   no comments

Posted at 3:38 am in

生活している上で家庭には非常食は容易しているでしょうか。今の日本は様々な自然災害があり、地震や台風などいつ起こるかわかりません。そんな自然災害が起こった時、ガスや電気がとまってしまう事がよくあります。そんな普段日常で当たり前の様に使えていたものが使えなくなってしまった時、ご飯を作る事も出来ず食べる事が出来なくなってしまいます。やはりそんな大変な時に用意しておきたいものが非常食です。実際私も阪神淡路大震災を経験し、当時も電気や水、ガスと全てがとまってしまい食べるものに困った時がありました。そんな時やはり普段から用意しておいた方が良かったと凄く考えさせられました。非常食でもお腹いっぱいで腹持ちの良い簡単にたべれるものがやはりオススメではないでしょうか。いつ災害がきても困らない様に用意しておくのが大切です。

災害に備えて非常食を

もしもの為の非常食とは

最近では土砂崩れや地震など様々な災害が発生してします。災害が発生してしまった時は、どんなに裕福な生活をしている方でも非常食をしっかりと準備しておかなければ、災害後を乗り切る事が難しいです。いくら自衛隊や自治体の方がサポートを行ってくれても、最低限のサポートしてできませんのでいざとなったら自分達で準備しておく必要があります。まず最低限非常食として、賞味期限が長い乾パンやお水などは多く準備していただきたいです。それによって、災害後の生活をある程度耐える事ができるようになります。私も何時災害が起こるか分かりませんので、水と乾パンは多く準備しています。災害後で一番怖いのは水や食料などが無くなってしまう事です。どんなに健康な方でも水や食料が無くなってしまうと、しんどい思いをしてしまいますので、自分達で予め準備するようにして下さい。

非常食は常備しましょう

今、大きな災害に備えて準備をしている人が増えて来たように思います。災害というのは本当に恐ろしい物ですよね。一度起こってしまったら、人間ではどうしようも出来ないぐらいの大きなパワーを持っているのです。例えば地震等がありますよね。こういった地震によって、一気に家が崩壊してしまう場合もあるのです。そうすれば、もう、住む場所は無くなりますよね。日常とはかけ離れた世界で生活をしなければなりません。避難場所に行ったとしても、窮屈さを感じるかもしれません。そして、一番、必要になるのが食事ではないでしょうか。食事が無い場合、本当に困ってしまうと思います。精神的にも体力的にも参ってしまうのは言うまでもありませんよね。そんな時の為に、普段からきちんと非常食を常備していた方が良いのです。特に被害が大きくなりそうな所に住まわれている方は必要でしょう。

Written by admin on 12月 14th, 2013

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)