非常食の揃え方と考え方   no comments

Posted at 3:38 am in

非常食は地震が多い日本に住んでいる人達は出来るだけ皆、ほんの3日分位でも用意しておくのが理想でしょう。今は通信販売などで、セットが簡単に購入出来ます。それを購入しておいて、賞味期限が切れそうな頃に新しい物を購入して入れ替えていくという方法など楽で良いでしょう。自分で揃える場合も、出来るだけ軽く、栄養とカロリーがしっかりとある、賞味期限がある程度長い物が良いでしょう。自分で揃える場合は好みの物が揃える事が出来ます。非常時に好きなおやつとかを食べる事が出来ると、元気になれそうです。賞味期限の長い好きなおやつも非常食というより、荷物として持っていたら良いでしょう。ちなみに、基本的にはどのような物を非常食として揃えておいたらよいかをよく調べておくべきです。ライフラインが全く使えなくても食べる事が出来る食品を多めに用意しておいたほうがよいでしょう。要するに、水も自分で非常用に用意したミネラルウォーターしか使えない事を考えたほうが良いです。とにかく、何か起きた時に出来るだけ慌てなくて済む様に、備える事が出来る物は備えておきましょう。

非常食の揃え方と考え方

常に携帯するものは非常食

3・11の東日本大震災や伊豆大島の土砂災害など、日本では次々と災害が起こりますね。つい最近も台風27号と台風28号が同時にやって来て心中落ち着いていられませんでした。元々日本は地震が多い上に、今年は台風の影響もあって災害が本当に多いです。私の周りでも降水量が多くてしょっちゅう水が溜まったり、川から水が溢れ出そうでヒヤヒヤしています。そういった状況で万が一のことがあった場合に必要なものが非常食です。最近で防災グッズがあちこちで売られています。私の近所のホームセンターでも防災グッズが数種類売られていました。非常食は勿論、水やラジオ、簡易トイレなどの災害対策グッズがセットで入っています。私も乾パンや水、懐中電灯付きラジオは持っていますが、簡易トイレや軍手、スニーカーは用意出来ていません。いつかしよう、と思っていても必要な時には遅いので、この機会に改めて必要なものを用意しようと思います。

非常食はきちんと用意しないとです。

なかなか非常食ってきちんと用意しておく習慣がないですね。とりあえず、数年もつお菓子とかは家にあります。でも、防災グッズとかをまとめておいてあるのではなくて、他のところにあったりします。こういうのは、きちんとかって置いてく必要はありますね。今年は台風も多いし、被害も多いです。いつ自分の家にもやってくるかもしれないっていうことになるかもしれないです。その時のために用意はしておく必要があるなっておもいます。水とか、長年もつことのできるお菓子とかパンとか、あとは、ご飯とか缶詰とかになると思います。半永久的にもつっていうのでないので、数年に一回は見直して、期限がきれているのなら、食べて新しいのと交換しないといけないです。その辺がちょっと面倒かなっていうのはあります。でも、それをしないと、いざ使うときに食べられないってことになりますね。

Written by admin on 12月 14th, 2013

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)